open

リサーチ一覧

コーヘン&スティアーズは、複雑な投資課題への深い見識を備えた
各資産の専門チームがリサーチを行っています。

不動産証券 : Whitepaper

リート:ローカルに考え、グローバルに投資

不動産には本質的に地域性があるため、ニューヨークで生じた事象は、一般的にロンドンやベルリン、東京にあまり影響を与えません。不動産をグローバルに配分するアプローチを取ることで、投資家は異なる不動産サイクルや経済動向、金利環境を捉えることができます。

不動産証券 : Whitepaper

米国リートのバリュエーションは成長見通しを反映

米国リートは、保有する不動産のNAV(純資産価値)に対するプレミアム/ディスカウント及びキャッシュフローに対する価格の倍率が、過去5年間におけるレンジの中心近辺で取引されています

グローバル・インフラ株 : Whitepaper

グローバル上場インフラ株の投資機会

近年、比較的予測しやすいキャッシュフローをもたらすと同時に、魅力的な実質リターンが見込まれる実物資産に対する需要が増大するなか、上場インフラ株への投資が拡大してきました。

不動産証券 : Whitepaper

米国リートの投資機会

米国リート市場のなかでは、オフィス、集合住宅、商業施設、ホテルや産業施設などの伝統的なセクターの構成比率が大きい一方、新たに誕生したセクターは、付加価値を生み出すための追加的な投資機会を投資家に提供しています。

不動産証券 : Whitepaper

生涯にわたる住居の選択肢としての新たな住宅リート

近代的な学生用住居への需要の拡大、賃貸住宅市場の再編、そしてライフスタイルに合わせた手頃な住居を求める退職者の増加といった長期的なトレンドを背景に、住宅リートのなかでも、これまでの住宅に取って代わる、新たな住宅セクターに注目が集まっています。

不動産証券 : Whitepaper

eコマースのエコシステムに不可欠なリートの3セクター

最近eコマースの拡大により、ショッピングモール等の伝統的な商業施設セクターが非常に厳しい環境に直面している ことに注目が集まっていますが、一方で、このeコマースの拡大により商業施設以外のいくつかの大きなセクターが恩恵 を受けているというのもまた事実です。

不動産証券 : Whitepaper

商業施設リートの見通し

経済は改善しているものの、商業施設の所有者は、今後数年にわたり同セクターに厳しい環境をもたらし得る消費者行動の根本的な変化と苦闘しています。コーヘン&スティアーズでは、長期的なリスクがあると見ていることから商業施設リートのアンダーウェイトを維持しており、集合住宅、オフィスやデータ・センターなど、より魅力的と思われるセクターに注目しています。

不動産証券 : Whitepaper

賃料上昇は金利上昇よりもリートにとって重要

0.25%の利上げは大きな注目を集めると思われますが、リートにとりさほど重要ではありません。重要なのは、減税や財政支出が見込まれるなかで、81ヶ月にわたる雇用増加、9年ぶりに低い失業率や経済およびインフレの見通しに与える影響です。また、過去の実績が示すように、賃料が上昇している局面において、リートは金利の上昇にもかかわらず高いリターンを生み出しています。

不動産証券 : Whitepaper

リセットするリート・サイクル

米国リート市場では、バリュエーションの改善に加え、ドナルド・トランプ氏が次期米国大統領に選ばれ、経済成長およびインフレに対する期待が増したことから、投資機会が生じています。依然として先行き不透明感が残るものの、需要の増加と新規供給の鈍化により、不動産のファンダメンタルズが変容し、価値を高めることができるような、大きな政治的変動の可能性があるとみています。

不動産証券 : Whitepaper

米国リートと金利上昇の真実

金利が上昇するなかでの米国リートのパフォーマンスに、まだ懸念をお持ちでしょうか。まず、事実をご確認ください。米国リートは、過去に米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ局面で、高いリターンをもたらしてきました。それは、一般的に経済がより力強くなっている時期に利上げが行われるからです。

不動産証券 : Whitepaper

独立した資産クラスとしての不動産

2016年9月、不動産は世界産業分類基準(GICS)のセクター分類において、金融セクターから分離されて独立セクターとなります。その結果、これまで誤解され、アンダーウェイトされることが多かった資産クラスである不動産の認知度が著しく高まります。そのため、リートへの資産配分に対する関心が強まる一方、ボラティリティの低下が見込まれます。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

ハイブリッド証券への投資機会

世界の債券市場のなかで、ハイブリッド証券のユニバースは約8,900億ドルの規模があります。通常、投資家がハイブリッド証券を選ぶ理由は、相対的に高いインカム、信用力および流動性です。また、ハイブリッド証券は他の債券種別との相関が適度に低く、魅力的なトータル・リターンをもたらす可能性があります。

ハイブリッド証券 : ケーススタディ

ハイブリッド証券:CoCo債への投資機会

金融危機を受けて、政策当局は銀行の資本構成を設計し直し、銀行が政府の救済資金に頼ることなく、より速やかに自己資本を増強できる仕組みを設けました。「コンティンジェント・キャピタル」または「偶発転換社債(通称、CoCo債)」は、こうして再設計された金融商品の一つです。

不動産証券 : Viewpoint

過去から学ぶリートと金利上昇について

米国の経済は引き続き改善の兆しを示しており、それは上向き基調が続く毎月の雇用統計、改善する消費者信頼感、そして加速するローンの伸びに最も明白に見られます。これらの傾向を受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)は量的金融緩和策の縮小を続けており、いずれ金利がゼロに近い時代は終わるでしょう。