open

リサーチ一覧

コーヘン&スティアーズは、複雑な投資課題への深い見識を備えた
各資産の専門チームがリサーチを行っています。

不動産証券 : Whitepaper

財政支出と税金

投資家が2020年米国大統領選挙の潜在的な波及効果を推し量ろうとしているなか、コーヘン&スティアーズでは、実物資産およびハイブリッド証券に最も重要と考える財政支援策、税金、インフラ支出の3つの側面に焦点を当てます。

不動産証券 : Whitepaper

ESGを巡る環境の変化

ESGへの取り組みが持続可能な企業の成長と株主価値の向上に有効に機能し得るという認識が高まっています。

不動産証券 : Whitepaper

リートが資産配分にもたらす利点

代替的な投資機会の捕捉及および保有実物不動産の強化による効率的なポートフォリオの構築

不動産証券 : Whitepaper

不動産資産配分への道筋

上場市場と実物市場の両方に資産配分を行う投資家は、景気回復サイクルの様々な段階で補完的な投資機会を活用することが可能。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

LIBOR廃止後の世界におけるハイブリッド証券

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により廃止期限が調整される可能性はあるものの、2021年末に廃止されると予想しています。

不動産証券 : Whitepaper

変調した市場において回復するリートへの投資機会

現在の混乱は、経済活動が再開する際に最初に回復すると考えられる優良な上場不動産会社の証券にディスカウント価格で投資できる、貴重な投資機会を生み出していると考えます。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

新型コロナウイルスの世界的感染拡大のなかでハイブリッド証券に関する5つの疑問

投資家が引き続き新型コロナウイルスの感染(COVID-19)による影響を探るなか、米国・欧州銀行の健全性、 保険会社に係るリスク、デフォルト(債務不履行)リスクおよびハイ・イールド債市場との比較など、 グローバル・ハイブリッド証券市場に影響を与える主要な問題を考察します。

不動産証券 : Whitepaper

COVID-19がグローバル不動産証券と経済に与える影響

世界経済は4-6月期末まで活動休止状態が続き、年後半にかけて再開すると予想しています。2020年の回復の形状と程度はまだ不透明ですが、政策当局のコミットメントは、過去に例のない金融緩和状況における力強い需要を受けて、経済がいずれ今回のショックから抜け出すという確信を与えています。

マスター・リミテッド・パートナーシップ : Whitepaper

COVID-19による上場インフラ株式への影響

COVID-19の突然かつ深刻な経済的ショックは、原油価格の急落によって増幅され、信用市場をひっ迫させています。

不動産証券 : Whitepaper

COVID-19による米国リートへの影響

2カ月前までは中国国内に限定されると見られた新型コロナウイルス感染症の流行が、今や米国やその他多くの国・地域にわたり一般市民の日常生活に影響を与えています。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

COVID-19によるハイブリッド証券への影響

ハイブリッド証券の下落は、経済の混乱時に十分耐え得る極めて強固な財務体質を有する発行体から高水準の利益を獲得する魅力的な投資機会を生み出していると考えています。

リアル・アセット : Whitepaper

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大によるリアル・アセットおよびハイブリッド証券への影響

新型コロナウィルスの感染が世界的に拡大するなか、世界経済の減速懸念から幅広い市場が調整しました。以下、不動産証券、ハイブリッド証券、上場インフラ株式、天然資源株およびコモディティ市場について、コーヘン&スティアーズの見解を提示いたします。

不動産証券 : Whitepaper

発展を遂げた欧州不動産証券市場

世界金融危機からの10年の間、欧州の不動産証券市場はより多様かつ投資可能な資産クラスに進化しており、ビジネスモデルや経営の効率化に伴い、新たな特化した不動産タイプへのアクセスが可能となりました。

グローバル・インフラ株 : Whitepaper

5G経済の基盤となるインフラストラクチャー・リート

今後10年間にわたり、第五世代(5G)のネットワーク技術を装備した無線通信の適用がほぼ全ての経済セクターに甚大な影響を与え、通信インフラに多大な投資が必要になると予想されます。

不動産証券 : Whitepaper

内需中心の収益構造は貿易戦争の中でリートに優位性をもたらす

世界の2大経済大国間で長引く貿易紛争は、不動産を含む大半のリスク資産にマイナスの影響を与える可能性が高いものの、リートには他の市場分野よりも影響を受けにくくする複数の有利な要因があると考えています。

グローバル・インフラ株 : Whitepaper

上場インフラ株-景気サイクルが成熟するなかでの投資機会

2019年およびそれ以降の景気減速を示す指標が増加するなか、過去の景気後退局面において底堅く推移してきた上場インフラ株は、魅力的な長期リターンを得る機会を失うことなく全般に市場感応度を低減させたいと考える投資家にとって魅力的でしょう。

不動産証券 : Whitepaper

非上場不動産ファンドにおける非流動性プレミアムの所在

投資家は、上場市場への投資を上回るリターンの獲得を期待して、プライベート・エクイティなどの非上場市場に資産配分を行います。未上場企業の株式においては、通常、投資家の負う非流動性リスクを穴埋めするプレミアムがリターンに上乗せされ、このアプローチは奏功しています。しかし、非上場不動産ファンドについては同じことが言えません。

不動産証券 : Whitepaper

欧州不動産証券の成長性と魅力的なバリュエーション

景気減速と低金利の環境下において、欧州の上場不動産証券市場は、長期的に力強い追い風が吹くいくつかの特定の不動産セクターを含め、平均を上回るインカムと予測可能な成長に期待でき、魅力的な投資リターンと分散効果を提供すると見ています。

不動産証券 : Whitepaper

景気後退局面でディフェンシブ性を発揮するリート

リートは過去の厳しい市場環境において下値抑制の役割を果たす

グローバル・インフラ株 : Whitepaper

上場インフラ株式のマクロ要因に対する感応度

本書は、過去データを用いて、様々な市場環境における上場インフラ株式のパフォーマンスの特徴を示します。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

ハイブリッド証券はパーフェクト・ ストームのなかで重要な価値を提供

ハイブリッド証券にとって金融危機以来の最悪の年に、このグローバル市場のあらゆる分野に投資価値があると見ています。

不動産証券 : Whitepaper

リートのM&Aの波に乗る

商業用不動産に対する旺盛な需要と上場不動産会社の魅力的な価値が、この数四半期においてM&Aを活発化させています。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

金利上昇への対応

金利の変動が激しくなり、上昇が見込まれるなかで、ハイブリッド証券は、高インカムや開いた信用スプレッド、デュレーションの短い多様な構造のおかげで、他の多くの債券投資より優位な位置づけにあると考えます。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

ハイブリッド証券への投資機会

主に投資適格格付けの発行体が発行するハイブリッド証券の多くは、5~6%またはそれ以上の利回りを提供していますが、機関投資家は通常、複雑で、誤解されることが多い同資産クラスをあまり活用しきれていないようです。

グローバル・インフラ株 : Whitepaper

グローバル上場インフラ株の投資機会

近年、比較的予測しやすいキャッシュフローをもたらすと同時に、魅力的な実質リターンが見込まれる実物資産に対する需要が増大するなか、上場インフラ株への投資が拡大してきました。

不動産証券 : Whitepaper

リートの魅力的なバリュエーションが買収活動の原動力

上場リートは、最近の軟調なパフォーマンスを受けてバリュエーションが低下し、過去平均と比べてディスカウント価格で取引されています。

不動産証券 : Whitepaper

リート入門:リートの仕組みについて

不動産投資信託(リート)は、投資家に新たな投資機会を提供し、不動産会社に上場市場で資金調達を行う重要な手段を与え、各国の不動産市場に世界中から投資資金をもたらしており、この数十年間で誕生した革新的な投資手段のなかで最も成功したものの1つと言えるでしょう。

減税による刺激効果 米税制改革がリート(a)およびその他の実物資産に与える影響

米税制改革法案("Tax Cuts and Jobs Act")の成立により、今後10年間にわたり1.5兆米ドルの減税を行うことになり、既に健全な経済をさらに刺激し、総じてリートやその他実物資産投資の租税効率を向上させます。本稿では、米税制改革による米国の法人及び個人への影響について説明します。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

ハイブリッド証券とハイ・イールド債を組み合わせるメリット

多くの投資家が利回りを求めてリスクの高い債券に目を向けているなか、分散投資がこれまで以上に重要性を増しています。よりバランスの取れたポートフォリオを構築するために、ハイ・イールド債とハイブリッド証券の組み合わせが選択肢として挙げられます。

グローバル・インフラ株 : Whitepaper

1,500億米ドルの待機資金が上場インフラ株のバリュエーションを下支え

インフラ投資に対する需要は、非上場市場で見出すことのできる適切な投資機会を上回ってきたと考えられています。資産を巡る競争の激化は、取引価格のバリュエーションを押し上げ、記録的な水準の待機資金を生み出しました。

不動産証券 : Whitepaper

金利への反応がもたらすリートへの投資機会

不動産市場は全般的に堅調であるにもかかわらず、短期的に金利感応度が高まったことから、米国リートは軟調に推移しています。

グローバル・インフラ株 : Whitepaper

持続的な資産形成 グローバル上場インフラ株式の投資機会

近年、魅力的なトータル・リターンの可能性を維持しつつ、リスクの軽減を図ろうとする投資家の間で、グローバル上場インフラ株式への関心が著しく高まっています。

不動産証券 : Whitepaper

リート:DCプランの分散ニーズに応える運用商品

リートは、長期にわたり投資家に対して利益をもたらしてきた実績があり、確定拠出年金制度(DCプラン)のニーズを十分に満たし得る特徴を備えていることから、DCプランの分散強化を図る受託機関は、分かりやすく効果的な運用商品として、リートをライナップに加えることができると考えます。

不動産証券 : Whitepaper

拡大する欧州不動産市場への投資機会

欧州経済は2008年以降で最も良好な状態にあり、景気拡大が既に魅力的な不動産のファンダメンタルズを更に向上させると予想されます。ガバナンス改革による資本コストの削減に加え、相対的および絶対的に魅力的なバリュエーションが、欧州リートのトータル・リターンを押し上げると期待されます。

不動産証券 : Whitepaper

リート:ローカルに考え、グローバルに投資

不動産には本質的に地域性があるため、ニューヨークで生じた事象は、一般的にロンドンやベルリン、東京にあまり影響を与えません。不動産をグローバルに配分するアプローチを取ることで、投資家は異なる不動産サイクルや経済動向、金利環境を捉えることができます。

不動産証券 : Whitepaper

米国リートのバリュエーションは成長見通しを反映

米国リートは、保有する不動産のNAV(純資産価値)に対するプレミアム/ディスカウント及びキャッシュフローに対する価格の倍率が、過去5年間におけるレンジの中心近辺で取引されています

グローバル・インフラ株 : Whitepaper

グローバル上場インフラ株の投資機会

近年、比較的予測しやすいキャッシュフローをもたらすと同時に、魅力的な実質リターンが見込まれる実物資産に対する需要が増大するなか、上場インフラ株への投資が拡大してきました。

不動産証券 : Whitepaper

米国リートの投資機会

米国リート市場のなかでは、オフィス、集合住宅、商業施設、ホテルや産業施設などの伝統的なセクターの構成比率が大きい一方、新たに誕生したセクターは、付加価値を生み出すための追加的な投資機会を投資家に提供しています。

不動産証券 : Whitepaper

生涯にわたる住居の選択肢としての新たな住宅リート

近代的な学生用住居への需要の拡大、賃貸住宅市場の再編、そしてライフスタイルに合わせた手頃な住居を求める退職者の増加といった長期的なトレンドを背景に、住宅リートのなかでも、これまでの住宅に取って代わる、新たな住宅セクターに注目が集まっています。

不動産証券 : Whitepaper

eコマースのエコシステムに不可欠なリートの3セクター

最近eコマースの拡大により、ショッピングモール等の伝統的な商業施設セクターが非常に厳しい環境に直面している ことに注目が集まっていますが、一方で、このeコマースの拡大により商業施設以外のいくつかの大きなセクターが恩恵 を受けているというのもまた事実です。

不動産証券 : Whitepaper

商業施設リートの見通し

経済は改善しているものの、商業施設の所有者は、今後数年にわたり同セクターに厳しい環境をもたらし得る消費者行動の根本的な変化と苦闘しています。コーヘン&スティアーズでは、長期的なリスクがあると見ていることから商業施設リートのアンダーウェイトを維持しており、集合住宅、オフィスやデータ・センターなど、より魅力的と思われるセクターに注目しています。

不動産証券 : Whitepaper

賃料上昇は金利上昇よりもリートにとって重要

0.25%の利上げは大きな注目を集めると思われますが、リートにとりさほど重要ではありません。重要なのは、減税や財政支出が見込まれるなかで、81ヶ月にわたる雇用増加、9年ぶりに低い失業率や経済およびインフレの見通しに与える影響です。また、過去の実績が示すように、賃料が上昇している局面において、リートは金利の上昇にもかかわらず高いリターンを生み出しています。

不動産証券 : Whitepaper

リセットするリート・サイクル

米国リート市場では、バリュエーションの改善に加え、ドナルド・トランプ氏が次期米国大統領に選ばれ、経済成長およびインフレに対する期待が増したことから、投資機会が生じています。依然として先行き不透明感が残るものの、需要の増加と新規供給の鈍化により、不動産のファンダメンタルズが変容し、価値を高めることができるような、大きな政治的変動の可能性があるとみています。

不動産証券 : Whitepaper

米国リートと金利上昇の真実

金利が上昇するなかでの米国リートのパフォーマンスに、まだ懸念をお持ちでしょうか。まず、事実をご確認ください。米国リートは、過去に米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ局面で、高いリターンをもたらしてきました。それは、一般的に経済がより力強くなっている時期に利上げが行われるからです。

不動産証券 : Whitepaper

独立した資産クラスとしての不動産

2016年9月、不動産は世界産業分類基準(GICS)のセクター分類において、金融セクターから分離されて独立セクターとなります。その結果、これまで誤解され、アンダーウェイトされることが多かった資産クラスである不動産の認知度が著しく高まります。そのため、リートへの資産配分に対する関心が強まる一方、ボラティリティの低下が見込まれます。

ハイブリッド証券 : Whitepaper

ハイブリッド証券への投資機会

世界の債券市場のなかで、ハイブリッド証券のユニバースは約8,900億ドルの規模があります。通常、投資家がハイブリッド証券を選ぶ理由は、相対的に高いインカム、信用力および流動性です。また、ハイブリッド証券は他の債券種別との相関が適度に低く、魅力的なトータル・リターンをもたらす可能性があります。

ハイブリッド証券 : ケーススタディ

ハイブリッド証券:CoCo債への投資機会

金融危機を受けて、政策当局は銀行の資本構成を設計し直し、銀行が政府の救済資金に頼ることなく、より速やかに自己資本を増強できる仕組みを設けました。「コンティンジェント・キャピタル」または「偶発転換社債(通称、CoCo債)」は、こうして再設計された金融商品の一つです。

不動産証券 : Viewpoint

過去から学ぶリートと金利上昇について

米国の経済は引き続き改善の兆しを示しており、それは上向き基調が続く毎月の雇用統計、改善する消費者信頼感、そして加速するローンの伸びに最も明白に見られます。これらの傾向を受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)は量的金融緩和策の縮小を続けており、いずれ金利がゼロに近い時代は終わるでしょう。