open

2020年のスチュワードシップ・コードの振り返り